Funda Navi
バナー広告

会計クイズ

決算書の読み方

学習コンテンツ

勉強会情報

【図解】BPSとは?1株あたりの純資産を測る指標をわかりやすく解説

【図解】BPSとは?1株あたりの純資産を測る指標をわかりやすく解説

2022.12.22に更新


この記事では企業分析を行う際に、役に立つ株式指標の意味と使い方について解説します。
図解を入れながら解説していきますので、ぜひ最後まで読んでいただけますと幸いです。

BPS(1株あたり純資産)とは?

BPSとは、「Book-value Per Share」の略で、企業の1株あたり純資産を表す株式指標です。
主にPBRの算出や企業の安全性分析等で使用します。
基本的には、BPSが高いほど、安全性が高いと評価できます。
BPSとは

純資産を発行済株式数で割って計算

BPSは、下記の計算式で算出します。

純資産÷発行株式数=BPS(円)

純資産を発行済株式数で割って計算することで、1株あたりの純資産を見ることができます。
投資家にとっては、BPSを使うことで会社が解散した場合の分配額を把握することができます。

BPS(1株あたり純資産)の基本的な考え方

BPSの考え方はシンプルで、BPSの数値が高ければ高いほど、安全性が高いと判断できます。

しかし、BPSの高低のみを見て終わるのではなく、後述するPBRの算出時系列比較などを踏まえて見ることで、より深い示唆を得ることができます。
BPSの基本的な考え方

BPS(1株あたり純資産)の使い方とは?

BPSは、1株あたりの純資産を見ることができる指標です。

しかし、計算式に当てはめて株式指標を算出するだけでは、その数値が良いのか、悪いのかを判断することができません。
BPSを使う際は

  • PBRの算出
  • 時系列比較

の主に2つの分析をします。
BPSの使い方

PBRの算出

BPSは株価と比較することでPBR(株価純資産倍率)を算出することができます。
PBRを求めることで、会社が解散した場合に投資額のどれくらいを回収できるかを見ることができ、株価の割安性を判断することができます。

例えば、下図の場合はBPSが200円に対して株価が1,000円です。
つまり、会社が解散した場合に投資額1,000円に対して200円しか回収できないという計算になります。
下図の状態をPBR5倍と表すことができます。
PBRの算出

PBRとは

PBRとは、「Price Book-value Ratio」略で、企業が保有する純資産に対して株価が割高か割安かを判断する際に用いる株式指標です。

基本的には、PBRが低いほど、株価が割安であると評価されます。
株価純資産倍率と表現されることもありますが、意味は同義です。
PBRとは

PBRをより詳しく知りたい方は、下記の記事もおすすめです。

時系列比較

基本的に企業の事業内容が大きく変わることは多くありません。
そのため、過去と今のBPSを比較することで、異常値を発見することができます。

BPSが低くなった場合は「なぜ低くなったのか?株式分割等は起きてないか?」などを考えることで、株価が割高か割安かを見分けることができます。
PBRの時系列比較

BPS(1株あたり純資産)の調べ方とは?

それでは実際の指標の調べ方です。
今回は有価証券報告書を使ってBPSの計算に必要となる数値を取りに行きます。

有価証券報告書からBPSを計算する

有価証券報告書の、「1【主要な経営指標等の推移】」の欄には、BPSのデータが数年分掲載されています。
BPSの調べ方

「1【主要な経営指標等の推移】」の欄に、5年分のBPSが掲載されているため、時系列での比較をすることができます。
BPSの調べ方

BPS(1株あたり純資産)のまとめ

以上、BPSの解説でした。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
PBRの算出や時系列比較などを使って、ぜひ企業分析をしてみてください!

企業分析を1からしっかり学びたい方は、企業の経営成績の読み方がわかる下記の記事がおすすめです。
損益計算書の読み方を企業分析のプロがわかりやすく解説。

また、簿記の学習に興味がある方は、下記の記事もおすすめです。


もっと財務諸表を学びたい、財務スキルを身につけたい、企業のビジネスについて知りたいという方は、「Funda」で学びませんか?
どこよりもわかりやすく「財務」や「会計」が学べます。早速、下記の画像をクリックして学習を始めよう!

Funda Navi
トップ記事一覧勉強会情報