Funda Navi
バナー広告

会計クイズ

決算書の読み方

学習コンテンツ

勉強会情報

【図解でわかる株式投資の教科書④】株価はどうやって決まる?株価の仕組みを解説

【図解でわかる株式投資の教科書④】株価はどうやって決まる?株価の仕組みを解説

2022.6.14に更新

この記事では、「資産運用や株式投資に興味はあるのだけど、何からはじめればいいのかわからない」という方向けに、初心者の方が必ず知っておかなければならない株式投資のルール学習方法、情報収集の方法についてを図解で解説します。

全10回の連載記事ですが、1記事あたり5分で読み終わるボリュームで作成しています。
1日5分ずつ、株式投資の基礎についてを知識を深めて頂けますと幸いです。

<第1回から読みたい方はこちらをクリック↓>
【株式投資の教科書①】株って何か知っていますか?

株式投資の教科書:株価はどのように決まるの?


今回のテーマは「株価がどうやって決まるのか」です。

株式の取引の仕組み

株価の決まり方を説明する前に、株取引の仕組みから紹介します。
投資家は証券取引所に直接注文を出すことはできず、証券会社を経由して注文を出します
こうして出された注文は、証券取引所の中でマッチングが行われる仕組みです。

株価の決まり方

実際に、証券取引所の中で行われている取引を図解すると、下のスライドのようになります。
1,500円で買いたい人と売りたい人が1人ずついるため、1,500円で取引が成立しました。

このように、株価は買いたい人と売りたい人の提示した価格が、ぴったり一致したところで決まります。

また、買いたい人が多いと株価が上がり、売りたい人が多いと株価が下がる性質があります。

株価の決まり方:買いたい人が多い場合

買いたい人が多い場合から説明します。
株は無限に発行できないので、市場に流通している株式には限りがあります。
そのため、売り手よりも買い手が多い時はオークション状態となり、買い手の間で競争が働き株価が上昇していく仕組みです。

株価の決まり方:売りたい人が多い場合

一方で、売りたい人が多い場合は、売り手の間で競争が働き、より安い株価を提示した人から取引が成立します。
そのため、株価が下がっていく傾向にあるのです。

株価の決まり方:まとめ

以上、株価の決まり方の解説でした。
これから株式投資についての理解を深めていくためにも、最低限下の3つは覚えておいてくださいね。

今回もお付き合い頂きありがとうございました。
この記事を読んで、株式投資のハードルが少しでも下がったら幸いです。

記事の感想等をSNSなどで頂けますと大変励みになりますので、ぜひ教えて下さい!

次回の記事はこちら(^^)
【株式投資の教科書⑤】株価が上がる理由と下がる理由って知っていますか?

より詳しく確実に知識をつけたいと思った方

まだ知識が足りないなと感じる方や、もっと詳しく投資について学びたいと思った方!そんなあなたは「Funda」を使ってみてください!

難しい本や分厚い投資の本を読んで学ぶ必要はありません。全部Fundaで解決できます!
1日15分から少しずつ、隙間時間で学べて、すべて図解して解説しています!

無料公開している部分もあるので、気になった方は↓こちらをクリック!
https://funda.jp/

Funda Navi
トップ記事一覧勉強会情報