Funda Navi
バナー広告

会計クイズ

決算書の読み方

学習コンテンツ

勉強会情報

【総資産回転率】企業全体で資産を効率よく使えているかを判断する指標

【総資産回転率】企業全体で資産を効率よく使えているかを判断する指標

2022.6.24に更新

総資産回転率とは

総資産回転率とは、企業が保有している資産を使い、どれほど効率よく売上高をあげたかを示す経営指標です。
言い換えると、資産1円あたりどれくらいの売上をもたらしているのかをあらわしており、企業が保有している資本を事業活動にどれくらい有効活用しているかを見ることが出来ます。

総資産回転率の計算式

売上高÷総資産=総資産回転率(回転)
総資産回転率とは

総資産回転率の考え方

総資産回転率は、企業が保有している資産を使いどれだけ効率的に売上をあげているかを見る際に使います。
比較的簡単に算出できるため、効率性を検証する際に一番最初に使われることが多いです。

目安としては、総資産を超える売上を毎期計上できているかが判断基準となります。
同業種だとしても、ビジネスモデルの違いによって数値が変わるため、あくまで分析する際のとっかかりとして使うのがおすすめです。
総資産回転率の考え方

総資産回転率の使い方

総資産回転率は、企業の経営効率を見ることができる指標です。

しかし、計算式に当てはめて経営指標を算出するだけでは、その数値が良いのか、悪いのか判断することができません。
そのため、総資産回転率を使って分析する際は、必ず比較する必要があります。


総資産回転率を使う際は、
・同業界での比較
・時系列での比較
の主に2つの比較をします。

同業界での比較

基本的に同業界の企業は事業内容やビジネスモデルが似ている場合が多くあり、数値に差がないことが多いです。

そのため業界の中で、総資産回転率が低いか高いかを比較することで、効率の良い経営ができているかどうかを測ることができます。
また、総資産回転率が業界平均と比較して大きく異なる場合は、「ビジネスモデルが違う」または、「事業の内容や商材が違う」など企業の特徴や強み、弱みの発見につながります。

時系列での比較

基本的に企業の事業内容が大きく変わることは多くありません。
そのため、過去と今の総資産回転率を比較して、効率の良い経営ができているかどうかを測ることができます。
さらに、効率が良くなった、悪くなった原因を突き止めることで、「企業の強みや弱み」や「事業内容やビジネスモデルの変化」の発見につながります。

総資産回転率の使い方

総資産回転率を見る際の注意点

すべての指標を使う際にも言えることですが、総資産回転率という指標の数値だけを見ることは意味がありません。
指標の数値だけを見ても、企業の実態が読み取れないためです。
例えば、違うビジネスモデルや事業内容でも、総資産回転率がほぼ同じという場合があります。
そのため、総資産回転率を使うのと同時に、ビジネスモデルや事業内容など企業について知ることが重要になります。

指標を見る際は、
・ビジネスモデルが違う場合
・複数事業を運営している場合
の主に2点に注意しましょう。
※同じ企業でも時系列で全く変わっている場合もあるため、注意が必要です。

複数事業を運営する企業の事業比較

複数事業を運営している企業の全体の総資産回転率と同業界の企業や時系列と比較しても、意味がありません。
業界内や競合企業と比較して、事業の特徴や強み、弱みを把握したい場合は、事業ごとに比較することが重要です。

事例:JR東日本

JR東日本は、「鉄道事業を中心とした運輸事業」、「小売、飲食業などの流通・サービス事業」、「駅ビルなどの不動産・ホテル事業」の主に3つの事業を運営しています。
この場合「各事業の売上高の大きさ」と「資産をどれほど使うのか」がわからなければ、正しく総資産回転率を計算できません。

例えば、運輸事業は車両、線路、駅など多くの資産を運用することで収益を生み出すビジネスですが、流通・サービス事業はモノを仕入れて店舗で販売して収益を生み出すビジネスです。この2つを比較すると、総資産回転率が大きく変わってくることは容易に想像できると思います。

有形固定資産を活用するビジネス(不動産賃貸、ホテル、ビル)を調べる際には、有形固定資産回転率もおすすめです!
複数事業を運営する場合の総資産回転率の使い方

総資産回転率の調べ方

それでは実際の指標の調べ方です。
今回は有価証券報告書を使って総資産回転率の計算に必要となる数値を取りに行きます。

有価証券報告書の第一部【企業情報】の中の、第1【企業の概況】に企業の財務数値のデータが掲載されています。
5年間の財務データを見て、企業全体での総資産回転率を計算することができます。
時系列で効率性がどう変化しているかどうかが比較的容易に計算することができます。
有価証券報告書を使って総資産回転率を計算
有価証券報告書を使って総資産回転率を計算
有価証券報告書を使って総資産回転率を計算
以上、指標の解説でした。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
指標を比べ差が出ることがわかったら、次はその原因がどこにあるのかを調べることで一歩深堀した企業分析を行うことができます。ぜひ参考にして頂けると幸いです。

もっと財務諸表を深く学びたい方

もっと財務諸表を学びたい、財務スキルを身につけたい、企業のビジネスについて知りたいという方は、「Funda」で学びませんか?

どこよりもわかりやすく「財務」や「会計」が学べます




簡単な例題です。
解答が見たい方はこちらからスタートを押して見てみてください!→https://funda.jp/
https://funda.jp/

Funda Navi
トップ記事一覧勉強会情報