Funda Navi
バナー広告

会計クイズ

決算書の読み方

学習コンテンツ

勉強会情報

【図解】総資産回転率とは?資産効率の指標をわかりやすく解説

【図解】総資産回転率とは?資産効率の指標をわかりやすく解説

2022.11.26に更新


この記事では企業分析を行う際に役に立つ経営指標の意味と使い方について解説します
実際の企業事例を交えながら解説していきますので、ぜひ最後まで読んでいただけますと幸いです。

総資産回転率とは?

総資産回転率とは、企業が保有している資産を使い、どれほど効率よく売上高をあげたかを示す経営指標です。
言い換えると、資産1円あたりどれくらいの売上をもたらしているのかを表しており、企業が保有している資本を事業活動にどれくらい有効活用しているかを見ることができます。
総資産回転率とは

売上高と総資産を比較して算出

総資産回転率は、下記の計算式で算出します。

売上高÷総資産=総資産回転率(回転)

総資産回転率がわかるクイズ

それでは、実際の企業の総資産回転率をクイズを通じて確認してみましょう。
今回は、JR東日本が運営する3つの事業の総資産回転率を比較します。

最も総資産回転率が高い事業は、下記のうちどれでしょう?

【図解】総資産回転率とは?資産効率の指標をわかりやすく解説の会計クイズ

このクイズの解答は...
(下記のボタンを押して回答できます)

①鉄道事業

②不動産事業

③小売事業

わかりましたか?
ぜひ、友達や同僚とも一緒に考えてみましょう。

それでは正解の発表です。
正解は選択肢③小売事業です。

JR東日本のセグメント別の回転率


それでは、ここからは、総資産回転率の読み方を解説していきます。

総資産回転率の基本的な考え方

総資産回転率は、企業が保有している資産を使いどれだけ効率的に売上をあげているかを見る際に使います
比較的簡単に算出できるため、効率性を検証する際に一番最初に使われることが多いです。

‍総資産回転率の目安

目安としては、総資産を超える売上を毎期計上できているかが判断基準となります。
同業種だとしても、ビジネスモデルの違いによって数値が変わるため、あくまで分析する際のとっかかりとして使うのがおすすめです。
総資産回転率の目安

総資産回転率の使い方とは?

総資産回転率は、企業の経営効率を見ることができる指標です。

しかし、計算式に当てはめて経営指標を算出するだけでは、その数値が良いのか、悪いのか判断することができません。そのため、総資産回転率を使って分析する際は、必ず比較する必要があります。

総資産回転率を使う際は、同業界での比較時系列での比較の主に2つの比較をします。
総資産回転率の使い方

同業界での比較

基本的に同業界の企業は事業内容やビジネスモデルが似ている場合が多くあり、数値に差がないことが多いです。

そのため業界の中で、総資産回転率が低いか高いかを比較することで、効率の良い経営ができているかどうかを測ることができます。
また、総資産回転率が業界平均と比較して大きく異なる場合は、「ビジネスモデルが違う」または、「事業の内容や商材が違う」など企業の特徴や強み、弱みの発見につながります。

時系列での比較

基本的に企業の事業内容が大きく変わることは多くありません。
そのため、過去と今の総資産回転率を比較して、効率の良い経営ができているかどうかを測ることができます。
さらに、効率が良くなった、悪くなった原因を突き止めることで、「企業の強みや弱み」や「事業内容やビジネスモデルの変化」の発見につながります。

総資産回転率を見る際の注意点

すべての指標を使う際にも言えることですが、総資産回転率という指標の数値だけを見ることは意味がありません。

指標の数値だけを見ても、企業の実態が読み取れないためです。
例えば、違うビジネスモデルや事業内容でも、総資産回転率がほぼ同じという場合があります。
そのため、総資産回転率を使うのと同時に、ビジネスモデルや事業内容など企業について知ることが重要になります。

指標を見る際は、ビジネスモデルが違う場合複数事業を運営している場合の主に2点に注意しましょう。
また、同じ企業でも時系列で全く変わっている場合もあるため注意が必要です。

総資産回転率の調べ方とは?

それでは実際の指標の調べ方です。
今回は有価証券報告書を使って総資産回転率の計算に必要となる数値を取りに行きます。

‍有価証券報告書から総資産回転率を計算する

有価証券報告書の第一部【企業情報】の中の、第1【企業の概況】に企業の財務数値のデータが掲載されています。

有価証券報告書を使って総資産回転率を計算

5年間の財務データを見て、企業全体での総資産回転率を計算することができます。
時系列で効率性がどう変化しているかどうかが比較的容易に計算することができます。
有価証券報告書を使って総資産回転率を計算

総資産回転率のまとめ

以上、指標の解説でした。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
指標を比べ差が出ることがわかったら、次はその原因がどこにあるのかを調べることで一歩深堀した企業分析を行うことができます。ぜひ参考にして頂けると幸いです。

企業分析を1からしっかり学びたい方は、企業の経営成績の読み方がわかる下記の記事がおすすめです。
損益計算書の読み方を企業分析のプロがわかりやすく解説。

また、簿記の学習に興味がある方は、下記の記事もおすすめです。


もっと財務諸表を学びたい、財務スキルを身につけたい、企業のビジネスについて知りたいという方は、「Funda」で学びませんか?
どこよりもわかりやすく「財務」や「会計」が学べます。早速、下記の画像をクリックして学習を始めよう!

Funda Navi
トップ記事一覧勉強会情報