Funda Navi
バナー広告

会計クイズ

決算書の読み方

学習コンテンツ

勉強会情報

【ICR(インタレストカバレッジレシオ)】事業収益と金融損益を加味した安全性を測る指標

【ICR(インタレストカバレッジレシオ)】事業収益と金融損益を加味した安全性を測る指標

2022.6.24に更新

インタレスト・カバレッジ・レシオとは

インタレスト・カバレッジ・レシオ(ICR)とは、資金の借入コストに対する、支払財源の余裕度を見る指標です。
つまり、支払利息が企業の稼ぎによってどれだけカバーされているかを見ています。
この数値が高いほど、資金の借入コストに対する支払能力が高いと判断します。

インタレスト・カバレッジ・レシオの計算式

(営業利益+金融収益)÷金融費用=インタレスト・カバレッジ・レシオ(倍)
インタレストカバレッジレシオ(ICR)とは

インタレスト・カバレッジ・レシオの考え方

インタレスト・カバレッジ・レシオ(以下、ICR)の基本的な考え方を説明します。
先ほど説明した通り、銀行借入などで発生する金融費用(支払利息など)を、企業の稼ぎである営業利益+金融収益(以下、事業利益)で、どれだけカバーできているかを表します。
そのため、ICRの数値が高いほど、金融費用に対して多くの事業利益を稼いでいることになります。支払余力が大きく、安全性が高いと判断可能です。
反対に、ICRの数値が低いほど、金融費用に対して事業利益が少ないことを意味します。支払余力が小さく、安全性が高いとは言えません。

ICRを使う際は、
・有利子負債の多い業界
・有利子負債で持ち堪えている企業
・有利子負債を使って事業にアクセルを踏んでいる
場合に特に示唆が出ます。
インタレストカバレッジレシオ(ICR)の基本的な考え方

インタレスト・カバレッジ・レシオを見る際のポイント

ICRを見る際のポイント、
・ICRを算出する際の収益項目
・業界によるICRの違い
の2点について解説します。

インタレスト・カバレッジ・レシオを算出する際の収益項目

ICRを計算する際、「事業利益」の代わりに「営業活動によるキャッシュフロー」が使われる場合があります。どのような違いがあるのかを解説します。

ICRの計算では、多くのの場合「事業利益(営業利益+金融収益)」を使います。しかし、事業利益の代わりに「営業活動によるキャッシュフロー」を用いることもあります。
営業活動によるキャッシュフローは、企業が営業活動で稼いだ現金を表します。
支払利息は企業に入ってきた現金の中から支払うため、ICRを計算する上でキャッシュフローを採用するほうがより適切です。

しかし、営業活動によるキャッシュフローは、特別損益の影響を受けた「税引前当期純利益」をベースに計算されます。
特別損益は臨時的に発生する損益であるため、事業利益と比べてブレやすい点に注意が必要です。

まとめると、ICRを計算する際は、
・時系列でICRの推移を分析したい:事業利益(営業利益+金融収益)
・より厳密に支払能力を知りたい:営業活動によるキャッシュフロー
の2点を考慮して分子に使う勘定科目を選ぶと良いでしょう。
インタレストカバレッジレシオ(ICR)の分子の項目

業界によるインタレスト・カバレッジ・レシオの違い

ICRが高い業界は「広告・情報通信サービス」や「医薬・バイオ」、ICRが低い業界は「不動産」や「エネルギー」、「運輸サービス」などがあります。
ICRが低い業種に注目しましょう。不動産は土地や建物を所有するために、多額の資金が必要となります。
エネルギーや運輸サービスは、いわゆる「装置型ビジネス」と呼ばれています。多額の資金を投じて作った設備を活用し、収益を生み出すモデルです。
つまり、多額の資金を有利子負債で賄う必要がある業界であるほど、ICRが低い傾向があります。

インタレスト・カバレッジ・レシオの調べ方

ICRの計算に必要な数値は、有価証券報告書から取得できます。
有価証券報告書の第一部【企業情報】の中にある、第5【経理の状況】を開いてください。

損益計算書が載っています。企業や会計基準などによって表記が異なりますが、以下の3つの数値を取得可能です。
・営業利益
・金融収益(受取利息+受取配当金)
・金融費用(支払利息)
インタレストカバレッジレシオ(ICR)と有価証券報告書
インタレストカバレッジレシオ(ICR)と有価証券報告書
インタレストカバレッジレシオ(ICR)と有価証券報告書
以上、ICR(インタレストカバレッジレシオ)の解説でした!

・有利子負債の多い業界
・有利子負債で持ち堪えている企業
・有利子負債を使って事業にアクセルを踏んでいる
ような企業を分析する際に安全性分析を取り入れてみてください。

ぜひ、分析に取り入れてみてください。

安全性を測れる他の指標系記事も見てみてください!
流動資産と流動負債から支払い能力を測る安全性指標→流動比率の見方
流動比率より厳密に支払い能力を測れる安全性の指標→当座比率の見方

Funda Navi
トップ記事一覧勉強会情報