Funda Navi
バナー広告

会計クイズ

決算書の読み方

学習コンテンツ

勉強会情報

【仕入債務回転期間】仕入支払いの期限の長さの測り方

【仕入債務回転期間】仕入支払いの期限の長さの測り方

2022.6.24に更新

仕入債務回転期間とは

仕入債務回転期間とは、通常の営業活動から生じた債務の支払いがどの程度滞っているかを見るための指標です。
企業活動の場合、商品を仕入れてもすぐに現金で支払うということは稀であり、通常は翌月以降に支払うというケースが多いです。
そのため、この指標を通じて商品を仕入れてから現金の支払いまでにどの程度の時間を要するのかを概算することができます。

仕入債務回転期間の計算式

仕入債務÷(売上原価÷365)=仕入債務回転期間(日)
仕入債務回転期間とは
類似指標として、仕入債務回転率も存在します。

仕入債務回転率の計算式

売上原価÷仕入債務=仕入債務回転率(回)
仕入債務回転率とは

仕入債務回転期間と回転率の違い

どちらの指標を使っても同じであるため、分析やほかの指標との兼ね合いで使い分けることが望ましいです。
使用用途によって、どちらで表現する方が適切かを判断して使ってみてください。
仕入債務回転期間と仕入債務回転率の違い

仕入債務回転期間の考え方

仕入債務回転期間は、損益計算書の売上原価が貸借対照表の仕入債務の何倍存在するかを測り、仕入債務の返済状況を把握する指標です。
例えば、売上原価の金額1,200万円で、仕入債務の金額が100万円だったとします。売上原価の金額は仕入債務の金額の12倍に相当します。つまり年間の仕入額に相当する売上原価1,200万円のうち、100万円(約1ヵ月分)はまだ現金で支払われていないことを意味します。仕入債務回転期間で表すと約30日となり、企業が商品を仕入れてから支払うまでに30日程度要すると概算することができます。

一般的には仕入債務の支払い期限は長ければ長いほど良いとされています。
支払いまでの期限が長ければ長い程、企業の内部に現金が滞留するため、資金繰りの面からも余裕が生まれることとなります。
ただし、長ければ必ずしも良いというものではなく、取引条件や業界の慣行などからも大きく影響を受けるため、「支払いまでの期限が長い」という1つの指標で良し悪しを判断することは避けましょう。
※例えば、「大量に購入する代わりに支払い期限を延ばす」という取引契約の場合、支払い期限は長くはなりますが、必要以上の量を仕入れた結果、廃棄に繋がってしまえば本末転倒です。

<参考>取引の全体像の図解
仕入債務回転期間の全体像
より深堀りするために構成要素についても解説していきます。

仕入債務とは

仕入債務とは、企業の貸借対照表の流動負債に含まれる勘定科目の一種で、企業が商品や材料を仕入れた際に、後日お金を支払うと約束された契約のことを意味します。
一般的には、買掛金、支払手形が対象となります。

身近な例で言うと、クレジットカードの支払いがイメージしやすいと思います。
クレジットカードで支払った場合、その時点では現金で支払われずに翌月以降現金が口座から引かれることになります。
取引してから現金で支払われるまでの期間は、買掛金や支払手形という流動負債が計上されることになります。

企業の営業活動も同様で、商品を仕入れる度に現金の支払いを行うと煩雑になることから、掛け取引が一般的となります。
流動負債と仕入債務

企業の商品仕入れの一般的な流れ

改めて、企業の商品仕入れの一般的流れを紹介します。

①商品を仕入れ、商品を受け取るのと引き換えに仕入債務が発生します。
②翌月以降に、現金の支払いを行い、仕入債務が消滅します。
企業の営業活動の中の仕入債務の位置づけ

仕入債務回転期間を見る際のポイント

指標を見る際に見るべきポイントについて
・指標の使い方
・指標を使う上で注意するべきポイント
の順で解説していきます。

仕入債務回転期間の使い方

計算式に当てはめて経営指標を算出するだけでは何も意味がないため、必ず意味のある示唆を見つける必要があります。
その際には、比較対象を決めて指標の数値を比較するというアプローチが有効です。

仕入債務回転期間の場合、
・時系列での比較
・同業種の企業間比較
が有効です。

時系列での比較

企業の支払い状況の大枠を追うことができ、企業をより深堀するための切っ掛けを得ることができます。

同業種の企業間比較

同業種の場合、通常は仕入先も似たような会社になることが多いため、業種の平均値を知ることが可能です。
また、通常は企業間でそこまで大きな差は生まれないものですが、予想外に差が生まれる場合には重要な示唆を得られることがあります。
仕入債務回転期間の使い方

仕入債務回転期間を使う上で注意するべきポイント

教科書通りの判断だと、「仕入債務が多いのは悪」となりますが、多いからすべてがダメということではありません。
基本的に、仕入債務が返済できれば問題ないです。

仕入債務の返済が可能かどうかを判断する際、
①返済原資の現金の有無
②売上の目途の確認
の主に2点がポイントとなります。

①返済原資の現金の有無

基本的に負債も返済できれば問題ないです。
そのために見るべきポイントは、現時点で「保有している現金・預金」です。

負債として抱えている仕入債務がどの程度なのを把握し、現時点で返済が可能なのかを測る必要があります。
仕入債務以上の現金・預金をその時点で保有している場合は基本的に問題ありません。
※厳密には、負債の他の勘定科目を把握して、早期に支払いが求められるものは他にはないかを把握し、返済可能性を考える必要があります。

②売上の目途の確認

仮に、その時点で返済原資である現金・預金を保有していなくとも、事業を運営する上でキャッシュが入る見込みがあれば問題ないです。
そのため、売上の目途から、キャッシュインの見込みが立っているかを見る必要があります。
仕入債務回転期間の注意点

仕入債務回転期間の調べ方

それでは実際の指標の調べ方です。
今回は有価証券報告書を使って仕入債務回転期間の計算に必要となる数値を取りに行きます。

有価証券報告書の第一部【企業情報】の中の、第5【経理の状況】に財務数値が記載されています。
経理の状況の貸借対照表の負債の部の中に仕入債務、損益計算書の売上原価から仕入債務回転期間を計算することができます。
また、仕入債務の中身まで開示している企業の場合、注記事項を見ることで仕入債務の中身まで確認することができます。
仕入債務回転期間と有価証券報告書
仕入債務回転期間と有価証券報告書
仕入債務回転期間と有価証券報告書
仕入債務の内訳
以上、指標の解説でした。
どんな指標でも同じことが言えますが、回転期間が長い、短いだけではなく、なぜ長いのか?なぜ短いのか?をビジネスに結び付けて考えられるとより示唆のある分析となります。
指標を比べ差が出ることがわかったら、次はその原因がどこにあるのかを調べることで一歩深堀した企業分析を行うことができます。ぜひ参考にして頂けると幸いです。

他の類似指標も見てみてください!
商品を仕入れてから売れるまでの時間を計算する棚卸資産回転期間
売上が上がってから現金が入るまでの時間を計算する売上債権回転期間
資金の効率性をみれるキャッシュコンバージョンサイクル

Funda Navi
トップ記事一覧勉強会情報